一人暮らししたいけどお金ない!どうやって資金をつくる?

MENU

一人暮らししたいけどお金ない!どうやって家を出る?

 

急ぎで一人暮らししたいなら

カードローンで引越し費用を

借りてしまうのが一番早い!

↓ ↓ ↓ ↓

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

【このページの目次】

 

 

「一人暮らし」は誰もが一度はしてみたいと思うのではないでしょうか?

 

ですが、一人暮らししたいと思っても心配なのがお金の工面です。

 

 

今までの生活で必要な費用のほとんどは親に出してもらってきたかと思いますが、一人暮らしになると全部自分でなんとかしなければいけません。

 

 

一人暮らしはしたいけどそのために必要なお金ないという場合、どうやってお金を用意すればよいのでしょうか?

 

今回は「一人暮らししたいけどお金ない人」が、「一人暮らしするためのお金を用意する方法」について解説していきたいと思います。

 

 

引越し時に「一人暮らし」の場合いくらお金がかかる?

 

「一人暮らししたいけど、引っ越しするのに費用はいくらぐらいかかるのか?」は、誰もが気になる部分かと思います。

 

滅多なことがない限り引っ越しなんてしませんから、いくらぐらいお金を準備しておけばよいのか検討もつきませんよね。

 

 

中には「一人暮らししたいけどお金ない」と勝手に思っている人も多いかもしれません。

 

「引っ越し作業を自分一人でするのはほぼ無理」と考え、ほとんどの人は引越し業者に依頼するかと思います。

 

ですが、実は引越し業者によって一人暮らしするための値段が大きく違います。

 

 

引越し料金というのは、実は一定の基本料金に関しては法律で決められています。

 

「荷物を積むためのトラック代」「荷物を搬出搬入するための作業員の人件費」「移動によって必要となるガソリン代や高速代」などが該当します。

 

そして、これら基本料金に加算して引っ越し業者ごとに価格を決めているのです。

 

引越し料金は時期によって異なり、シーズンでもある3〜4月は通常料金よりも高くなり、逆にオフシーズンになると安くなります。

 

 

 

一人暮らしの引越しにかかる料金の相場は、同一市内や近距離の場合は3〜5万円前後となります。

 

同一県内の中距離ですと3万円〜8万円、県外や遠距離になると5万円〜15万円前後が相場となります。

 

 

思っていた以上に費用がかかりますので、「一人暮らししたいけどお金ない」という人は、短期のバイトをするなどして引っ越し資金をためておくと良いかもしれません。

 

 

今はインターネットにて複数業者の一括見積もりを無料で行なうことが出来ます。

 

引っ越し業者ごとに料金は異なりますので一人暮らししたいけどお金ない場合は色々と比較した上で決めると良いでしょう。

 

 

一人暮らししたいけどお金ない?!トータルでいくらかかるの?

 

「ひとり暮らしをするのにかかる初期費用」には、引っ越しの他に部屋を借りるための費用もあります。

 

部屋を借りるための費用も高額ですから、一人暮らししたいけどお金ないのであれば、これらの費用もきちんと把握しておきたいところです。

 

 

部屋を借りる際、最初にどんな費用がかかるのかご存知でしょうか?

 

一般的には敷金・礼金、保証会社保証料、前家賃、家財保険料、仲介手数料等です。

 

 

敷金は「家賃の未払いや部屋を壊した際にかかる修繕費の担保」として大家さんに預けておくお金のこと。

 

借り主に何も非がなければ、賃貸契約が終了した後返金してもらうことが出来ます。

 

 

礼金は「大家さんに対し、部屋を貸してくれてありがとう」という意味でお礼を渡していたことが始まりで、今も名残として残っており謝意を込めて支払うお金です。

 

 

保証会社の保証料は「家賃保証会社へ支払う料金のこと」で、場合によって加入が必須となっていることもあります。

 

保証会社に加入することに関してのメリットは賃借人には特になく、「あくまでも「賃貸人、もしくは管理会社」にメリットがあるものです。

 

 

前家賃は「契約した月の翌月の家賃」です。

 

基本的には契約時に日割り家賃と併せて支払いします。

 

 

家財保険料は「家財・損害賠償・費用保険」などの「総合した保険」が主流で、賃貸契約の際は加入するのが条件となっています。

 

 

仲介手数料は「不動産会社に支払う紹介料」です。

 

ただし、「不動産会社が所有している物件を貸す場合」は仲介手数料はかかりません。

 

 

「賃貸にかかる初期費用の相場」は、おおよそ家賃の5〜6ヶ月分、多いところでは7ヶ月分ほどです。

 

例えば「家賃8万円の部屋」であれば、40〜50万円前後を契約時に用意しなければいけないと言う事になります。

 

このように、一人暮らしするにはそれなりのお金がかかってくることになります。

 

 

一人暮らしで「月にかかるお金」や「生活費」は?

 

「一人暮らししたい!」と、誰もが一度は憧れるもの。

 

しかし、生活していくうえでも「生活費・光熱費」などのお金は必ず必要となります。

 

ですから、一人暮らしをする上で絶対に把握しておかなければいけない項目といえるでしょう。

 

 

今まではそのほとんど親御さんに負担してもらっていたかもしれませんが、一人で暮らしていくからには全て自分で賄わなければいけません。

 

月にかかるお金や生活費は人それぞれ異なるかもしれません。

 

ですが、「一人暮らししたいけどお金ない」と思っていても、ある程度の相場は知っておくだけでも随分と参考になりますので、詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

まず、一人暮らししたいけどお金ないと思っているなら気になるのが、「毎月必ずかかる固定費である家賃」ですが、全国平均は約66000円とされています。

 

家賃は月収の3分の1以内が目安となります。

 

 

次に食費ですが、こちらは約20000円が全国平均とされています。

 

食費は外食か自炊かで大きく変わり、外食ばかりしていると更に食費はかかってきますので一人暮らししたいけどお金ないと思っているなら今から注意しましょう。

 

 

電気やガスなどの光熱費は平均は約7000円ほどとなります。

 

慣れない一人暮らしだと付けっぱなしにしてしまうことが多く、無駄に電気を使ってしまう恐れがあります。

 

ですので、使っていない家電の電源は一人暮らししたいけどお金ない場合は、特にこまめに切るようにしましょう。

 

 

水道料金全国平均3000円です。

 

地域によっては2ヶ月毎に請求されるところもあります。

 

 

携帯電話やスマホを持っている方が殆どかと思いますが、携帯電話やスマホ代などの通信費平均は約11000円です。

 

携帯電話代は一人暮らししたいけどお金ない場合は、料金プランを見直すことで大幅に節約することも可能です。

 

 

友人との飲み会や恋人のデート費用など交際費約10000円が平均値です。

 

 

被服費平均は約20000円となります。

 

社会人の場合はビジネス用のスーツやワイシャツ、更にクリーニング代がかかってきます。

 

 

最後に日用品や衣料品約3000円です。

 

 

トイレットペーパーや洗剤など一つ一つの単価は安いですが消耗品ですから一人暮らししたいけどお金ないと考えている時でも、何度も買う必要があるので地味に費用がかさむものです。

 

これらを合計すると、一人暮らしをしてひと月にかかる生活費の相場は約140000円となります。

 

これを高いと見るか、安いと見るかは人それぞれかもしれませんが、決して安くはありません。

 

一人暮らししたいけどお金ないと考えている人もこの部分が不安かもしれません。

 

 

ヘタすれば給料全部ひと月の生活費に消えてしまうかもしれませんし、場合によっては足らなくてお金ないなんてことにもなりかねません。

 

一人暮らししたいからといって、その後の1人暮らし生活にかかるお金のことも考えておくようにしましょう。

 

 

一人暮らししたいけどお金ない時、親を説得できる?

>

 

「一人暮らししたいけどお金ない」という人は多いかと思います。

 

そんな特にやはり頼れるのは自分の親ですが、一人暮らしする理由によりますよね?

 

 

大学へ進学のために一人暮らしするなら、「一人暮らししたいけどお金ない」と言えば、仕送りで援助してくれるかもしれません。

 

ですが、「特に理由もなく、なんとなくで一人暮らしをする」となると、親はすんなりとお金を貸してはくれないでしょう。

 

むしろ「お金に困っているなら実家に返ってきなさい」と言われるのがオチではないでしょうか?

 

 

意外と簡単にお金貸してもらえそうですが、この「親を説得する」ということが、一人暮らししたいけどお金ない場合にも1番ハードルが高かったりします。

 

きちんとした理由があれば良いですが、そうでない場合は親御さんにお金を借りるのは意外と難しいのかもしれません。

 

そうなると、下記の方法でなどで「自分で一人暮らしの費用を貯めるor作る」のが良いでしょう。

 

 

バイトしたり、ボーナスを貯金でお金を貯める!

 

一人暮らししたいのにお金ない時に、親からお金を借りるのはあまり現実的ではありません。

 

やはり自分のことは自分で何とかするのが1番で現実的かと思います。

 

 

一人暮らししたいのにお金ないがないのであれば、「バイトなどをして働いてコツコツと貯めていく」のが、一番無難な方法と言えるでしょう。

 

ボーナスを貰えているのであれば、一人暮らししたいけどお金ないと思っているなら、使わずに極力一人暮らしのための資金として残しておくようにしましょう。

 

 

なかなかお金が貯まらないで一人暮らししたいのにお金ないのであれば、仕事が休みの日に日雇いのバイトを入れるなどして、一時的に収入源を増やしてみるのも良いでしょう。

 

ただし、無理をして体を壊してしまわない程度に止めましょう。

 

もし、急に仕事やバイトを増やすのが難しいのであれば、下記の方法もオススメです。

 

 

早く一人暮らししたいけどお金ない!そんな時の【秘策】は?

 

大手の有名カードローンならば

バックに銀行が付いてるので安心

↓ ↓ ↓ ↓

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 

 

一人暮らししたいのにお金ない状態から、コツコツ貯金をしてある程度お金が溜まってきたら、大手のカードローンでお金を借りると良いかもしれません。

 

カードローンは無担保のため、初回に借りれる限度額は少なく大体10万円〜20万円前後となります。

 

 

ですから「あと10万円前後で一人暮らしが始められる」というぐらいまでお金が貯まった時点で、大手カードローンの利用を検討してみるのも良いでしょう。

 

そうすれば、引っ越し費用や賃貸契約の頭金に充てることは可能です。

 

「予定よりも早めに一人暮らししたい」という場合には非常に有効でしょう。

 

 

そもそも、家賃がそこまで高くないところ(5〜6万円)であれば、カードローンですべての費用を一括で借りる事も可能ですよ。

 

「一人暮らししたいのにお金がないけど、少しでも早く一人暮らししたい」という場合にカードローンはオススメです。

 

 

大手カードローンは銀行が運営しているとことがほとんどですので、安心感や安全性に関しては全く問題はないでしょう。

 

 

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 

このように、働いて収入を得ていれば、カードローン審査に通り、即日お金を借りる事も十分可能ですよ。

 

詳しくはコチラお金を借りる!即日で借りるにはどんな方法があるのか?

 

 

しかし、「一人暮らししたいのにお金ない」という時に、カードローンを利用するにも注意点があります。

 

カードローンは銀行や信販会社、消費者金融と殆どの金融機関で取り扱いしています。

 

銀行や信販会社は安全性の高い金融機関ですので安心して利用できますが、消費者金融となると中々そうもいきません。

 

 

もちろん銀行グループの傘下に入っているような大手消費者金融なら何の問題もないのですが、名前も聞いたことのないような中小サラ金には一人暮らししたいのにお金ない時でも注意が必要です。

 

中小サラ金には法外な利息で貸し付ける悪徳業者が多く紛れていますので非常に危険です。

 

 

もちろん、すべての中小サラ金業者が違法な貸付をしているわけではありませんが、中小サラ金は基本的にどこも知名度が低く名前すら聞いたこともない業者が非常に多いです。

 

それをいい事に、悪徳業者は消費者に違法な貸付をし、詐欺まがいの行為で儲けようと企んでいます。

 

 

一人暮らししたいけどお金ない時に、カードローンやキャッシングを利用する場合は「安心して利用できる銀行や信販会社」、消費者金融であれば「大手銀行傘下の消費者金融」を選ぶようにしてください。

 

消費者金融のメリット・デメリットについて

 

銀行カードローンのメリットやデメリットは?

 

 

 

カードローンで審査通過のために絶対に必要となるのが「収入が毎月あること」「月ごとに波がないこと」「クレカやローンの支払を一度も遅滞していないこと」です。

 

収入が安定的でも支払いに問題があればダメですし、その逆で支払は全く問題なくても収入が不安定的であれば審査に通ることは出来ません。

 

どちらの条件もキチンとクリアしているかどうかを、カードローンの申し込み前に一度確認してみましょう。

 

 

ちなみに、カードローン審査の時に嘘の申告をしても必ずバレます。

 

信用情報機関を通じて金融業者同氏は情報共有しているためです。

 

信用情報機関についてはココを参照に

 

 

ヘタな嘘を審査でつけばすぐにバレ、かる審査落ちしてお金も借りることはできなくなるので注意ましょう。

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須