信用情報機関ってどういうもの?

MENU

信用情報機関ってなんですか?

 

ローンやクレジットカードを利用すると信用情報機関に記録が残ります。

 

あらゆるどんな契約なのか、返済はキチンと出来ているかなど情報が信用情報に記録されます。

 

一度記録されるとその情報はいって期間保存されます。

 

とは言え一生記録が残るというわけではありません。

 

今回は信用情報を管理する信用情報機関について紹介していきたいと思います。

 

 

そもそも信用情報って何?

 

信用情報機関は個人の信用情報を管理する機関ですが、そもそも信用情報って何?という方も多いでしょう。

 

信用情報とは金融機関との取引履歴のことでクレジットーカードやローンを利用すると金融機関は信用情報機関に逐一情報を申告しています。

 

例えば、ローンに申込みした時や契約した時、返済をした時や期日に遅れてしまった時などです。

 

 

信用情報機関とはどんな機関?

 

個人の信用情報を管理しているのが信用情報機関ですが、日本には3つの信用情報機関があります。

 

CIC(シー・アイ・シー)・JICC(日本信用情報機構)全国銀行個人信用情報センターです。

 

日本の金融機関は上記いづれかの機関に加盟しており、消費者金融やクレジットカード会社はCICもしくはJICCに加盟しています。

 

一方で銀行や銀行関連のクレジットカード会社は全ての信用情報機関に加盟しています。

 

では次に金融機関の信用情報機関の関係性について見ていきましょう。

 

例えば、伊藤さんが〇〇ファイナンスという消費者金融にカードローンの申し込みをしたとします。

 

〇〇ファイナンスはCICとJICCに加盟しているため、伊藤さんが〇〇ファイナンスに申し込みしたという情報はどちらの機関にも申告され、伊藤さんの信用情報として記録されます。

 

そして〇〇ファイナンスはCICとJICCから伊藤さんの信用情報を確認し審査を行います。

 

伊藤さんの信用情報を見ることで、他社からの借り入れがあるのか、今までどんなローンを利用してきたのか、返済を遅延したり債務整理の記録はないかなどを知ることが出来それを元に審査を行います。

 

返済の遅延、強制解約、任意整理や自己破産などの債務整理等の金融事故は全ての信用情報機関で共有されます。

 

ですから伊藤さんが〇〇ファイナンスのカードローンの返済を延滞した場合は、〇〇ファイナンスが全国銀行個人信用情報センターに加盟していなくても金融事故情報は全てで共有されるということになります。

 

 

信用情報に記録される情報と保存期間について

 

信用情報にはローンやクレジットの申込時、契約時、返済時、延滞発生時、強制解約時、債務整理時とありとあらゆる時に記録されます。

 

例えばカードローンに申し込みをして審査に落ちたとしても、申し込みしたという事実はきちんと記録に残ります。
申込情報は最長で6ヶ月間保存されます。

 

カードローンの契約をすると契約日、内容、利用限度額、支払い回数等が記録されますが、解約後でも最長で5年間は記録が残ります。

 

因みに完済したとしても解約扱いにはありませんので、完済しても契約は継続となります。

 

返済時は返済日と返済予定日、残高、完済日などが記録されます。
こちらも解約しても最長で5年間は記録が残ります。

 

延滞発生時は延滞した商品内容、解消状況が記録されます。
信用情報機関では返済の滞りが3ヶ月以上継続されると延滞としていますが、これに関しては各金融機関の判断に委ねられています。
業者によっては2回目移行延滞した場合はすぐに申告して延滞と記録されることもあります。

 

延滞が続くと業者側から強制的に解約させられることもありますが、この場合も記録は残ります。
保存期間は強制解約の発生日から最長5年です。

 

債務整理とは借金を合法的に整理する手続きのことですが、主に任意整理、個人再生、自己破産があります。
保存期間はCICが最長5年なのに対し全国銀行個人信用情報センターでは最長10年としています。

 

自分の信用情報は開示請求することで調べることが出来ます。
自分の信用情報がどうなっているのか気になる方は一度開示請求してみると良いでしょう。

 


第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須