銀行カードローンのメリットやデメリットは?

 

お金を借りると聞くと真っ先に消費者金融を思い浮かべる人も多いですが実は銀行でもカードローンを取り扱っておりお金を借りる事が出来ます。

 

銀行口座を持っていないという人はいないと思いますが、そんな銀行でも気軽にお金を借りる事が出来ます。

 

ここでは銀行カードローンのメリットとデメリットについて解説していきたいと思います。

 

 

銀行カードローンでお金を借りるメリット

 

銀行カードローンの1番のメリットとも言えるのが低金利であることです。
これを理由に銀行カードローンを選ぶという人も少なくありません。

 

カードローンの初回利用時の金利は基本的に上限金利が適用されますので、金利は上限金利をチェックすると良いです。
消費者金融の上限金利は18%ですが銀行カードローンは概ね14%とかなり低いです。

 

中にはもっと金利が低い銀行カードローンもありますので、安易に利用しやすいからという理由で消費者金融に申し込んでしまうのは勿体無い気がしますよね。

 

銀行カードローンは限度額が大きいこともメリットの1つです。

 

消費者金融の限度額は上限が300万円前後のところが多いですが、銀行カードローンは少なくても500万円多いところだと1000万円まで対応しているところもあります。

 

消費者金融からの借入は総量規制があるため借り入れできる金額に制限があります。
総量規制とは個人の借入限度額を規制する法律で、年収の3分の1以下しか借入が出来ません。

 

しかし銀行カードローンは総量規制の対象外となりますので、年収の3分の1を超える借入も可能です。
加えて銀行カードローンは融資額が大きいですからまとまった資金が必要という方には最適なカードローンと言えます。

 

銀行カードローンは銀行が直接運営しているという安心感があるのもメリットと言えるでしょう。
今でこそ消費者金融は気軽に利用することが出来ますが、昔は非常に悪いイメージを持たれていました。

 

その為、今でも消費者金融に対して不安を感じる方は少なくありません。
お金を借りるなら安心できる方が誰だって良いに決まっています。

 

多くの人が知っていて全国に支店がある銀行が運営しているとなれば安心して借入できますよね。

 

 

銀行カードローンのデメリット

 

では銀行カードローンのデメリットについても見ていきましょう。

 

銀行カードローンは低金利で借りることが出来利息負担が少なくて済むのが大きなメリットでもありますが、その反面審査が非常に厳しいのがデメリットと言えます。

 

低金利でお金を貸すということはその分利息による収益が少なくなるということです。
カードローン利用者の中には債務不履行になる方も多く、貸し付ける際はそのようなリスクを容認した上で貸し付けなければいけません。

 

もし債務不履行になった場合は利息収益で補填をすることになりますが、低金利で貸し付けるため利息収益で補填するのはかなり厳しくなります。

 

ですから出来るだけ債権回収が不能にならないようより確実に返済できそうな人にだけ貸し付けるため審査基準を厳しくしているのです。
銀行カードローンはパートやアルバイトでも申込可は可能です。

 

しかし審査に通るかどうかは別問題で正直なところ正社員でないと審査通過は厳しいのが現状です。

 

銀行カードローンは審査を保証会社に委託していることが多いです。
勿論、銀行側でも最終的な審査は行いますがメインの審査は保証会社が請け負っています。

 

このような仕組みであるため審査に時間がかかることが多いです。
最近は即日対応の銀行カードローンも増えてきてはいますが、やはり消費者金融に比べると審査結果が出るまでに時間がかかります。

 

銀行カードローンの場合、利用するのに普通預金口座の開設が必要になることが多いです。
カードローンとは別に手続きが必要になるため手間も時間もかかります。

 

また即日融資を受けるには事前に口座を解説していないと対応不可なんてところも多く消費者金融に比べると利便性が低いです。

 


第1位 アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須